起源

2020年世界海洋デーに合わせて、「海は生命を育む母であり、我々が守らなければいけない」という理念を提唱したのが始まりでした。台湾は四面を海に囲まれており、より容易に日常生活に結び付けることができるため、学生や保護者及び指導の先生方がコンテストへの参加を通して、海洋保護の重要性に対する理解を深めたり、脱プラ活動を生活に取り込み、海洋生物のためにプラスチックの無い青い海を取り戻す手助けとなり、お絵描き創作という形で海洋保護や気候変動への理解を表現することで、私たちの育った環境に永続の力を与えるための貢献となり、人々に共感してもらうことに繋がります。先生方も環境教育課程に合わせて、生徒達が普段の生活から脱プラや環境保護を意識できるよう手助けをし、生徒達が自ら考えて省エネや炭素削減、環境保護に取り組めるよう導くことを期待しています。

2020年第十回コンテストは海洋をテーマとし、先生や保護者の方々に大きな反響を呼んだため、2021年第十一回コンテストも引き続き海洋をテーマとし、水滴を擬人化したキャラを用いて、ピンポイントに海洋環境教育を押し広め、水循環の要素を取り入れ、気候変動に対して人々の認識が向上することを期待して、今回のテーマは「水の大冒険」としました。

知っていますか?

2010年の「生物多様性条約」にて、2020年の年末までに最低でも海洋の10%を保護するという新しい目標が定められました。

2010年10月30日に開催された第10回生物多様性条約の締約国会議では、「名古屋議定書」及び「愛知目標」が採択されました。「愛知目標」(Aichi Biodiversity Targets)では、遅くても2020年までには海洋の10%を保護することが明確に定められました。当時は世界中でも陸地の12%及び1%にも満たない海域が保護されている状態でした。

2016年「国際自然保護連合」の世界自然保護大会にて、2030年に海洋の30%を保護することを目標とされました。

専門家によると、海洋生物を守りたいのであれば、気候変動の影響を避けるため、2030年までには最低でも世界中の海洋の30%を保護する必要があると述べられていますが、2019年の時点では、世界中で保護されている海洋はほんの2%ほどで、公海においては僅か0.8%と1%にも及んでいません。

海洋保護において欠かせない日本

今回は「水の大冒険」をテーマとし、国際連合の持続可能な開発目標の第14項である「海の豊かさを守る」に応じています。海を守るために、コンテストを通して「海は生命を育む母であり、我々が守らなければいけない」という理念を提唱しています。日本は四面を海に囲まれており、より容易に日常生活に結び付けることができるため、学生や保護者及び指導の先生方がコンテストへの参加を通して、海洋保護の重要性に対する理解を深めたり、脱プラ活動を生活に取り込み、海洋生物のためにプラスチックの無い青い海を取り戻す手助けとなり、お絵描き創作という形で海洋保護や気候変動への理解を表現することで、私たちの育った環境に永続の力を与えるための貢献となり、人々に共感してもらうことに繋がります。

海のために今日からできる8つの事

私たちは、海が命を育む揺りかごであることを知っています。海が無かったら地球上に命は誕生しませんでした。海が破壊されれば、地球は危ないことになってしまいます。

海は気候のバランスを取り、酸素を供給することができ、80%の生物が海を棲みかとしています。人類の文明が発展し、見境なく海を利用し破壊し続けたことで、無視することができない状態になっています。

簡単に始められる8つの事で、今日から海が永久持続できるように協力しましょう!

プラスチックの使用を減らす

出かける時は、エコカップ、エコカトラリー、エコバッグを準備して出かけよう。日常生活では気付かないうちにプラスチックごみを出してしまい、海のプラスチック化が進んでいます。プラスチックの使用量をなるべく減らすことで、海を守ることができます!

省エネ・炭素削減

使わない電気は電源を切る習慣を身に付けたり、エアコンの使用を控えましょう。夏に付けるエアコンお温度を26~28℃に調整すると、炭素の排出量を減らすことができます。

ある特定のお魚を食べるのを控える

既に何種類ものお魚が絶滅の危機に瀕しています。海洋生物多様性を維持するため、過度に捕獲されているお魚の購入は止めましょう!

水の使用量を減らす

生活する上で絶対に欠かせない水ですが、水資源の浪費を減らし、海洋保護に尽力しましょう!浴室に低流量のシャワーを取り付けるなど、水を節約することができる物を使用したり、シャワーを浴びる時間を減らすなどできます。賢い君ならもっといい節約法が思い浮かぶかもしれませんね!

家庭用廃水の排水を減らす

家庭用廃水は最終的には下水設備によって海に排出されます。下水処理では全ての有害化学物質を取り除くことができないので、食器を洗浄やキッチンの清掃に、温かい洗米水、蜜柑の皮から作った洗剤、チャノキの種からできた粉などを使ってみてはいかがでしょうか!

海に優しい日焼け止めクリームを選ぶ

日焼け止めクリームは海の殺し屋と呼ばれ、サンゴを白化現象に追いやり殺してしまう有害物質です。物理的に日焼け対策を行うか、生分解できる日焼け止め、または有害物質が含まれていない日焼け止めクリームを選ぶと良いでしょう。地球を愛するには日焼け止めから始めよう。お肌を守るついでに

自然環境も守ろう!

絶滅危惧種である海洋生物の製品は買わない サンゴ、タイマイ、サメなど絶滅危惧種の製品を買わないようにしましょう。買う人がいなければ、殺害されることもありません。みんなで海洋生物を守りましょう!

コンテストに参加する・コンテスト情報をシェアする

色んな内容を読んでいただいたと思いますが、気候変動お絵描き創作コンテストに参加してみませんか?または、コンテストの内容をシェアして、より多くの子供達に知ってもらいましょう!お絵描き創作を通して、皆で地球の健康について考え、環境の守護者になりましょう!

テーマの方向性

色々見たけど、まだアイディアが浮かびませんか? 参考用にいくつか方向性を挙げました!